Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

NJB燃える監督Nのブログ

01
2014  18:51:45

平成26年度青森県春季大会個人戦結果


皆さんこんにちは。
先日行われた平成26年度青森県中学校春季バドミントン選手権大会の結果です。

男子ダブルス 
kyou・taka 優勝
久しぶりにこのコンビで出場して優勝ですが、内容に納得してますか?

kait・keit 2位
このペアでは初参戦でした。この中身に納得してますか?

aki・teru 3位
急造ペアですが見事3位と言いたい所ですが3位でいいですか?

atus・koki 4位
前回2位から落ちてますが理由はatusもkokiもよく分かってるはずです。
atusはいつまでも同じ繰り返しを続け回避する努力もしなければ進歩も少ないです。
「やらなくてはいけない事を後回しにし過ぎ」と自分でも言ってるのだからしっかり対処して下さい。
kokiは心を鍛え直しです。

keito・tomoy 16
まだまだ力不足に基礎力不足です。
将来に向けしっかり基礎を身につけて下さい。

女子ダブルス
saki・yuka 3位
ここ一番での平常心不足で逆転負けでした。
今の力はこんなものです。
勝ちたければ有言実行で目標へ向かって下さい。

男子シングルス
koud 優勝
中学生なり最初の県大会優勝でしたがプレーに納得してますか?
監督にはスピード不足に見えました。
目標達成に向け細かい所からやり直しです!


詳しい結果は
こちらから








今回の大会は、朝6時から始動し大会が終わったのが19時過ぎとワールドツアーなみのスケジュールでした(笑)
でもワールドツアーなら試合時間に合わせて会場へ行けますが、学校単位で大会へ行ってる為、今回は全員体育館へ缶詰状態でした。こんな状況になっている選手の事を各学校の顧問は何とも思わないのか不思議に思いました。
青森県バドミントン協会主催の選手権大会と謳ってる訳ですからその大会の格式も問われます。
今回も、決勝戦が行われてる最中に後片付けが始まりマットを片付ける機器の音が大変うるさく選手に悪影響を与えてました。その他にも決勝戦のコートサイドで片付けを待つ生徒やら先生が立って試合を見ていて、とても選手権試合の決勝戦が行われてるとは思えない光景に愕然としました。受け持ちの選手の試合が終わった顧問は早く帰りたいのでしょうが、残っている選手は悪条件の中でも真剣に戦ってます。選手よりも自分の事を優先に考える方は指導者としてどうなのか考えさせられました。メジャー化する為にもこんな状況を打破して行かなければなりません。一顧問であっても選手(生徒)は顧問の話を聞いていますし行動を見ています。もしあなたの指導を受けるあなたがいるとすればその行動や発言は選手(生徒)に伝わってますかね?(全ての方に対してではありませんので誤解のない様にお願いします)
専門外の顧問の方も沢山いると思いますが、選手は顧問の話を聞くので仕方なく顧問になったとしてもその競技について学び選手(生徒)に伝えるべきではと思います。自分が中学生の時、水泳部の顧問をされてた先生は、全く水泳の事を知らない状態から数年後には県チャンピオンを何人も輩出し総合でも県チャンピオンを獲得するまで水泳部を成長させました。その先生も沢山の事を色々な所で学んでた事が今でも記憶にあります。未来ある子供達の為にも頑張ってもらいたいと思います。

「指導者は常に選手(生徒)の事を考えて行動するべき」と自分にも言い聞かせてこれからも行動したいと思います。

夏の本番へ向けしっかりと行動して行きたい燃える監督Nでした。




スポンサーサイト

 大会・遠征

1 Comments

あやか  

以前も同じような内容を書かれていた気がしましたが、残念ですね。
ファイルステージへあがった子供たちを讃える気持ちはないのでしょうか。

顧問の先生方は、色々な事をし、本当に大変だと思います。
公立の中学校ですと、部活動との兼ね合いもあり、難しいですね。

こーだいくんは、地元の中学校に進学されたんですね。
進学&優勝 おめでとうございます(^ ^)

2014/05/04 (Sun) 15:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment